開聞岳登山

小学校の社会の授業で地図帳で見て以来、興味津々だった開聞岳!
ず======っと今まで、富士山よりも憧れの山でした。
どうして、あんな端っこに究極の独立峰のようにそびえ立っているのでしょう...。
本当に神業ですね。不思議!!

去年、羽田から鹿児島経由で屋久島に飛んだ時、ちょうど開聞岳の真上を通り、改めてその偉大さを目の当たりにしました。そして、今回登ることにしたのです。

しか===し、残念ながらお天気は今ひとつ...。
午後から晴れ予報でしたが、山登りの鉄則は朝から登ること!

指宿の民宿「たかよし」を6時にチェックアウト。
30分ほど車を走らせて登山口に到着

7時出発
駐車場〜キャンプ場を通り抜けて、2合目の登山口

c0237233_15074018.jpg


c0237233_15081151.jpg


c0237233_15084127.jpg


c0237233_15092007.jpg

この辺りまでは薄日も差していい感じでしたが...。
登るにつれてガスガスに...。
何も見えない5合目

c0237233_15094575.jpg


c0237233_15101320.jpg


c0237233_15103946.jpg


c0237233_15110501.jpg


c0237233_15113045.jpg


3時間かかって山頂!


c0237233_15114788.jpg

な===んにも見えません...。
まるで7年前のキナバル登山のようです...。
45分粘りましたが、変わらず...。
後ろ髪を引かれながら下山します。

本来なら、屋久島も見えるはずだったのに====。

c0237233_15120575.jpg

5合目まで下山
展望台からはうっすら見えました。

c0237233_15122555.jpg

2時間かかって下りてきました。
振り返ると...。

c0237233_15125406.jpg

やはりてっぺんが見えません。

開聞岳の全貌を見ようと、車を走らせて長崎鼻へ...。

c0237233_15131796.jpg

やはり今ひとつ...。

c0237233_15134234.jpg


c0237233_15140124.jpg


c0237233_15142261.jpg

だんだん明るくなってきました!!

c0237233_15145018.jpg

山登りの筋肉痛を癒すため、「たまてばこ温泉」へ向かいます。

こちら撮影厳禁のため写真がありませんが、海が一望できる大露天風呂が外来入浴510円
しかも、海と温泉は同じ高さにあって、遠くには船が見えます。
ってことは船から望遠鏡があればこちらも丸見えってことですね???
ま、そんなことはどうでもよくなるような開放的な温泉に大満足!!!
お天気もぐんぐん良くなって気持ち良かったです。

お風呂からは海、そして反対側にはこの景色!!
奇岩「竹山」
(駐車場近くから撮りました。)

c0237233_15151765.jpg

この日の宿は「休暇村 指宿」
レストランからの夕景

c0237233_15153640.jpg

ハーフバイキングとやらで、すご======いボリューム!!

c0237233_15155055.jpg

毎日歩いてるとはいえ、食べ過ぎですね...。
いやいや、旅先でダイエットなんて邪道です。
しっかり頂きました。

(続く)

[PR]

by nudibranch2012_02 | 2016-04-15 08:00 | 国内旅行