<   2015年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

秋から冬へ...。

先週末の上山の時に歩きながら撮った写真です。

登り始めてすぐなのでまだ秋の紅葉ですね。
(標高1700mくらい)


c0237233_20303540.jpg


c0237233_20322510.jpg


標高2500mくらい

雲が面白い


c0237233_20340447.jpg


今週の月曜日の日没の頃、まだ富士山が見えています。


c0237233_20343730.jpg


c0237233_20351068.jpg


c0237233_20355889.jpg


次の日のご来光


c0237233_20364214.jpg

昨日の風雪で、今朝はあたり一面銀世界になりました。
明日から11月、山は一気に冬に突入します。

[PR]

by nudibranch2012_02 | 2015-10-31 20:59 | 山小屋日記

屋久島4日目

宿の朝食は7時半でしたが、6時には起きました。

荷物まとめて、朝ごはん

お味噌汁、サラダがこの後出てきました。

c0237233_22185142.jpg


宿には看板猫の黒猫ちゃんの他に3〜4匹の猫ちゃんがいるそうです。
この子は一番新入りの子猫ミーちゃん


c0237233_22190958.jpg


まだ生後3か月くらいかな===??
めちゃめちゃ人懐こく可愛いです。


c0237233_22193345.jpg


c0237233_22195446.jpg


c0237233_22200900.jpg


アンモニャイト!!


c0237233_22203895.jpg


c0237233_22204443.jpg

う===ん、可愛い!!
今度来るときは、大きくなってるだろうなぁ...。

宿を出てバス停まで汗だくで歩き、空港近くの「旅樂」オフィスへ行きました。
まだ開いてない===。

c0237233_22210300.jpg

と思いきや、しばらくするとスタッフの方が続々登場。
近々、屋久島の写真展を開催されるので、その準備にお忙しそうでした。
その一部を見せてもらい、奥さんが経営されている隣の雑貨屋さんも入ってみました。

その後、旅樂で勧めてもらった「お箸作り」に挑戦することになりました。
時間外だったにもかかわらず、旅樂の奥さんが予約してくださり、参加できることになりました。

江戸時代に切り出された屋久杉を割っただけのシンプルな材料を選び、職人さんが丁寧に教えてくれます。

40〜50分ほどで出来上がり


c0237233_22291812.jpg


c0237233_22294587.jpg

初めての屋久島、あっという間の3泊4日でした。
山の中は残念ながら雨&ガスで眺望は良くありませんでしたが、日本で最も雨が多い地域だから仕方がありませんね。
何度でも通うつもりです。
大阪からは直行便でたったの90分で行けますし、遠いようで近いですね。
屋久島に行った人は「屋久島ロス」「ヤク中」にかかると言いますが、このことか!!と実感しています。

次回はレンタカーを借りて島内散策もしたいし、行きたい縦走コースもまだまだあります。
楽しみです。

[PR]

by nudibranch2012_02 | 2015-10-30 13:30 | 屋久島

屋久島3日目

ガイドさんが作ってくれた、山の中の朝ごはん

屋久島のホテル特製パン
ちゃんとトーストしてあります。

c0237233_21545904.jpg


トビウオのつみれ入り「クラムチャウダー風」


c0237233_21542381.jpg


c0237233_21534819.jpg

トビウオは洋風でも和風でも美味しいということを実感。
中華でもなんでもいけそうですね。
おそらく冷凍だと思いますが、次回は買って帰りたいと思いました。

前日同様に小雨&ガスで眺望がほとんどない中、縄文杉へ向かいます。

3時間ほどで縄文杉に到着。


c0237233_21565716.jpg


c0237233_21581551.jpg


c0237233_22000685.jpg

写真だと大きさが今ひとつ伝わりませんが...。
幹周りは16.4m、囲むのに11人必要だそうです。

樹齢3000年という説が有力な杉の王様

人間が手を加えてよく見えるように周りの木を伐採したため、白く陽に焼けてしまっています。
伐採したから雨で土が流れないように土留めをしてあります。
この木よりも大きな木が屋久島の森にはあるという人もいます。それを公開してしまうと、またそこに人がたくさん入って木が弱ることになるでしょうから、そっとしておくに限りますね。
この縄文杉も往復10時間も歩かないといけない場所にあるから、まだ生きているのだと思います。
それでも年間9万人以上が入り、1日1400人という日もあり、入山規制を検討中らしいです。
凄まじいカリスマ性ですね。
過去にはロープウェーを通す計画もあったとか...。

さらに1時間ほど下って、夫婦杉


c0237233_22015011.jpg

枝と枝が繋がっています。(右が夫)
連理(れんり)という現象らしいです。

さらに1時間ほど下り...

c0237233_22041970.jpg


c0237233_22052712.jpg


ウィルソン株


c0237233_22071984.jpg


c0237233_22092282.jpg


中は空洞で8畳ほどの広さで足元には湧き水が流れています。

入って上を見上げると...。


c0237233_22110087.jpg

あれ?ハート型で有名なのに...。


ある場所から見上げるとハート!!発見した時は嬉しかったです。

c0237233_22122823.jpg


ガイドさんが作ってくれる最後のご飯は
特製カレー


c0237233_22140276.jpg

野菜や豆がたっぷり!!
具沢山でスパイシーさも丁度いい絶品カレーでした!!

c0237233_22143580.jpg


食後のコーヒーも頂いて満足!!
さらに1時間ほど下ってトロッコ道に出ました。


c0237233_22151994.jpg


ガイドさんが背負っていた80リットル、30キロオーバーのザック、背負ってみました!!


c0237233_22153904.jpg


c0237233_22154893.jpg


6人分、3食の食材、「歩く冷蔵庫」って言われてるらしいですが、仕事とはいえ頭が下がります。
この時も、食材は減っていましたが、ゴミも入ってるし最初にみんなで分担していた荷物をまとめたので相当な重さでした。

トロッコ道を2時間半歩いて荒川登山口へ向かいます。


c0237233_22160944.jpg



今でも時々トロッコが通ります。



c0237233_22164200.jpg


c0237233_22170091.jpg


c0237233_22174499.jpg



いくつかの橋を渡って...



c0237233_22175528.jpg


登山口到着


c0237233_22181776.jpg

バスとガイドさんの車で夕方6時前に宿まで戻ってきました。


お風呂でさっぱりして、夕食です。

c0237233_22183468.jpg

瓶ビール、ふたりで2本空けちゃいました。

この日も早々に就寝...。

(続く)

[PR]

by nudibranch2012_02 | 2015-10-29 20:11 | 屋久島

屋久島2日目

今回の屋久島は、百名山の宮之浦岳と縄文杉を縦走するために行きました。
ツアーガイドはテレビや雑誌で有名な「旅樂」を予約していました。

朝5時半に宿にお迎えがきました。
途中で乗合タクシーに乗り換えて淀川登山口に到着


c0237233_20535498.jpg


ここでお弁当屋さんで作ってもらった朝ごはんのおにぎりを食べ、7時15分スタート!
ガイドさんが、味噌汁を用意してくれました。


c0237233_20583505.jpg


ゆるい登り坂、平坦な道が続き、気持ち良く歩けます。
この日、最初で最後の屋久杉です。
標高が上がっていくと森林限界になり、大きな杉は育たないからです。


c0237233_21040500.jpg


ヒメシャラの木


c0237233_21054671.jpg

屋久島の木は苔が付いているのが普通ですが、ヒメシャラは毎年樹皮が落ちるので苔がつかず、つるつるしています。
しかも幹を触るとひんやり冷たい。水を蓄えている管と表面が近いからだそうです。


いよいよここからが世界遺産エリア
1000年の森です。

c0237233_21060961.jpg


ヤクシカと遭遇


c0237233_21082419.jpg


お尻が白くて可愛い!


c0237233_21112906.jpg


c0237233_21133929.jpg


登山口から約1時間
淀川小屋に到着


c0237233_21144717.jpg


c0237233_21165251.jpg


ザックを降ろして小休止
綺麗な水が流れています。


c0237233_21191757.jpg



c0237233_21230665.jpg


c0237233_21265555.jpg


c0237233_21272380.jpg


c0237233_21283233.jpg


c0237233_21304691.jpg


c0237233_21323770.jpg


だんだんガスが湧いてきて、ポツポツ雨が当たるようになってきました...。


c0237233_21335721.jpg



神秘的な湿地



c0237233_21345920.jpg


c0237233_21354627.jpg


c0237233_21373502.jpg


c0237233_21382149.jpg


c0237233_21383907.jpg



c0237233_21394103.jpg
c0237233_21400472.jpg


お昼のお弁当の時間
ガイドさんがワカメスープを用意してくれます。


c0237233_21405549.jpg


c0237233_21413739.jpg


おにぎり弁当


c0237233_21421653.jpg


ここからカッパ上下を着て、霧雨の中歩きます。


c0237233_21454613.jpg


c0237233_21473077.jpg


くりお岳(1867m)


c0237233_21490931.jpg


ガスガスで真っ白ですが...
宮之浦岳山頂(1936m)を通過して...。




c0237233_21502265.jpg



平石岩屋にいたかっこいいヤクシカ



c0237233_21503346.jpg


c0237233_21503937.jpg

笹が付いて、もののけ姫に出てきそう...。

ここでガイドさんがおまんじゅう&カフェオレを出してくれました。
甘いものと温かい飲み物、力が出ます!!

この日はガイドさんが用意してくれたテントに泊まります。3人用&2人用に分かれて...。
ガイドさんはタープの下、つまりは外でシュラフだけ...。

夕食も豪華です。

アボカド入りのサラダ


c0237233_21511186.jpg

さらにカイワレの生ハム巻き


c0237233_21530588.jpg


写真撮り忘れましたが、野菜&魚介たっぷりのお鍋!!
特にトビウオのすり身(つみれ)がモチモチしていて最高でした。

夜、雨の音がかなりしていました。
お天気回復を祈りながら就寝...。

(続く)

今日は今回の縦走で一緒だった方から写真を数枚お借りして載せました。

[PR]

by nudibranch2012_02 | 2015-10-28 13:45 | 屋久島

屋久島1日目

前々から念願だった、屋久島へ行ってきました。

10月18日(日)の午後、燕を下山。
特急あずさで新宿まで行き、羽田空港駅に夜10時に着きました。
予約していた空港内の宿に泊まり、翌日19日の朝6時40分の飛行機で鹿児島〜屋久島へ...。

羽田空港にて

c0237233_08294418.jpg


c0237233_08302673.jpg


JALで往復4万円ちょい。
さらに1000円アップで「クラスJ」シートにしたのでゆったりラクラク快適な空の旅でした。


c0237233_08312769.jpg


c0237233_08321698.jpg


富士山を空の上から、こんなに近くはっきり見たのは初めてで感動!!
しかも、雪が少ないっ!!


c0237233_08325694.jpg


c0237233_08331523.jpg


1時間半であっという間に鹿児島空港に到着。
乗り継ぎ15分待ちで屋久島へ...。

開聞岳、初めて見ました!!
富士山よりも美しい??
完璧なまでの独立峰ですね。


c0237233_08334650.jpg


35分で屋久島空港到着


c0237233_08345557.jpg


いいお天気ですが、山の方は雲がかかっています...。
気になります...。


c0237233_08342514.jpg


伊丹空港から直行便でやってくるマッキーと待ち合わせて...。
タクシーで安房という集落の宿まで行きます。
暑い!!
さすが南の島ですね。


c0237233_08380425.jpg


猫に注意!!


c0237233_08393956.jpg


素敵な宿!!


c0237233_08403935.jpg


ハイビスカス、南国だ====。



c0237233_08413702.jpg


看板猫の黒猫ちゃん


c0237233_08433120.jpg


海が目の前です。


c0237233_08442839.jpg


ランチに出かけます。

レストラン「屋久どん」


c0237233_08465134.jpg


トビウオのダシが濃厚なうどんとイカそうめんのミニ丼
うどんの出汁を丼にかけて、サラサラと頂きました。
美味しかった!!


c0237233_08481144.jpg


c0237233_08452170.jpg


c0237233_08455733.jpg


宿から海まで180歩!!


c0237233_08491318.jpg


絶景です。
肉眼だと種子島も見えていましたが...。



c0237233_08501799.jpg


c0237233_08514758.jpg


c0237233_08523537.jpg


マッキーも私も元ダイバー。
海大好きでしたが、今は山ばかりです。
懐かしい海の匂いでした。

宿に戻って、展望風呂でサッパリして...。

宿の夕食
このほかに煮魚もあって、お腹いっぱい!!


c0237233_08525374.jpg


トビウオの丸揚げ
よ====く揚げてあるので、ヒレも背骨もバリバリ頂けました。


c0237233_08530881.jpg

縦走前夜、9時には就寝

(続く)

[PR]

by nudibranch2012_02 | 2015-10-27 13:26 | 屋久島

燕の紅葉と番外編

烏帽子小屋から下山、次の日は燕にもどらなくてはいけません。

9月の5連休の初日、お天気にも恵まれてたくさんの登山客を追い越しながらの上山。

紅葉が一番きれいな時でした。


c0237233_17114857.jpg


c0237233_17123631.jpg


c0237233_17134700.jpg


この数日後、雲海が凄かったです。


c0237233_17141981.jpg


c0237233_17145146.jpg


これまた別の日の朝焼け


c0237233_15080193.jpg


毎年夏の3ヶ月間、ネパールから最強の助っ人が来てくれますが、手作りのモモ(蒸し餃子)頂きました。
全員に1人5個づつ、美味しかった!!
ピザ&グラタンは厨房スタッフの手作り。


c0237233_15090480.jpg


c0237233_15101671.jpg


今日で喫茶室のイベント、ケーキフェアも終わってひと段落です。
次は3連休を乗り越えればまた休暇がまわってきます。
楽しみです!!

[PR]

by nudibranch2012_02 | 2015-10-03 08:00 | 山小屋日記

三俣山荘〜水晶小屋〜烏帽子小屋〜ブナ立尾根〜高瀬ダム

三俣山荘のテント場、天気予報通りに午前4時過ぎから雨...。
しかし、この日は6時には出発しないといけません。
テントの中で食事を済ませて、小雨振る中、テント撤収。

HくんとTとは、この日でお別れです。
彼らは双六〜槍方面へ戻り、私は烏帽子小屋へ裏銀座縦走コースを制覇する予定です。

前日歩いた黒部源流の碑まで下り、そこからお弁当を食べたワリモ分岐まで一気に登ります。
そこから同じく水晶小屋まで行き、真っ白のガスガスの眺望ゼロの中、烏帽子小屋を目指します。
本来なら、ここからが裏銀座縦走コースのメインなんですが、残念ながら何も見えませんでした。
当然、カメラもザックの中に入れてあるので写真もありません...。

眺望がない中、雨風に打たれながらのロングコース、体力が更に奪われます。

水晶小屋から3時間掛かって、野口五郎小屋に到着。(12:30)
小屋で昼食をと思いましたが、カップヌードルしかないらしく、烏帽子小屋の予約だけ電話で入れてもらって、そのまま出発。

小屋のおばさん曰く、烏帽子小屋までは2時間半前後とのことでしたが、コースタイムはオーバー気味の私...。
3時間半掛かりました...。
いやあ、ヘトヘトです。
烏帽子小屋では大きなストーブが2台付いている乾燥室で濡れた服を乾かしながら暖をとる人で賑わっていました。
生き返った=====!!

その日の夕食

c0237233_16535107.jpg

カメラのレンズが温度差で曇ってボヤけてます...。
右下はお肉トロトロのビーフシチュー。
お昼抜きで10時間も歩いたので、ご飯とお味噌汁、お代わりしました!!
美味しかったです。

次の日は打って変わって快晴!!

c0237233_16553892.jpg


お世話になった烏帽子小屋

6時過ぎ、高瀬ダムへ向けて下山出発!!


c0237233_17020537.jpg


c0237233_17024039.jpg


c0237233_17030088.jpg


c0237233_17040388.jpg


紅葉が素晴らしいです!!


c0237233_17050034.jpg

c0237233_17082786.jpg


しかし、高瀬ダムへ向かうブナ立尾根は北アルプス3大急登の中でも最上級!!
めちゃめちゃ急です。下山も一苦労...。
林道の中に入ると眺望もゼロ...。
コースタイム4時間ですが5時間も掛かってしまいました...。

高瀬ダムは工事中


c0237233_17095363.jpg

更にここから20分ほど歩いて...。
吊り橋を渡って...。


c0237233_17110994.jpg

トンネルをくぐって...。

タクシーで信濃大町駅へ向かいます。
タクシー代8000円ですが、マイカーも入れませんし、交通手段はタクシーのみ。
致し方ありません。でも価値ありますね===。

信濃大町から電車で柏矢町、そして寮へ戻って1週間ぶりのシャワーを浴びて洗濯機2回まわして、テントも洗って干して、さっぱり!!
次の日は燕山荘まで登ります。

(続く)

[PR]

by nudibranch2012_02 | 2015-10-02 08:56 | 山小屋日記

雲ノ平山荘〜水晶小屋〜鷲羽岳〜三俣山荘

雲ノ平の朝


c0237233_17061444.jpg


朝食


c0237233_17095437.jpg

6時出発。

木道を歩き始めて、しばらくすると「おおおおおっ?」と声を掛けられました。
大阪のK夫妻!!
2年ぶりの再会です。2年前は燕山荘にわざわざ日帰りで会いに来てくれました。
そしてまた山での再会にビックリ!!
私が山で働き始めたきっかけを与えてくれた恩人と言っても過言ではない、大切なお二人です。
この縦走も中盤を過ぎて疲れが溜まっていたところに、すごく元気をもらいました。

ひたすら木道を歩いて小屋を振り返ります。
小屋は小さくてこの写真では見えませんね...。


c0237233_17130355.jpg



c0237233_17203371.jpg


水晶小屋方面へ向かう途中の祖父岳


c0237233_17230550.jpg


c0237233_17244054.jpg

ここから水晶小屋まで行き、雲ノ平山荘で知り合ったAさんと私の相棒Tは水晶岳山頂をピストン。
私は小屋の前でまったり休憩していました。
次の日、ここから烏帽子へ向かう縦走路を眺めながら...。
残念ながら写真がうまく撮れず、画像がありません。
次の日は土砂降りで、また撮れず、その風景は私の記憶に残るだけでした。

Aさんはこの日のうちに烏帽子へ向かい、Tと私は鷲羽岳へ向かいました。

その前にワリモ分岐で雲ノ平で作ってもらったお弁当を頂きます。


c0237233_17262010.jpg


c0237233_17274245.jpg


前の日の夜のおにぎり、ご飯が硬くなってたけど、美味しかった!!

鷲羽岳山頂


c0237233_17332202.jpg


ここは下山が大変でした。ザレザレの道で健脚のTでさえもコースタイムギリギリ...。
私はかなりオーバーでした。


c0237233_17360138.jpg



ぼんやりと槍が見えます。


c0237233_17382853.jpg


クタクタで三俣山荘に戻ってきました。

この日も9時間近く歩きました。

預かってもらっていたテントを張って...。


c0237233_15294170.jpg



今シーズン、一緒に働いている小屋仲間Hくんも急遽合流して3人で食事


c0237233_15303965.jpg


そのあと、山荘のバーで飲みました。


c0237233_15323222.jpg



この夜もスライドショーを楽しみました。



c0237233_15335065.jpg


窓からの夕景


c0237233_15354957.jpg


山荘の談話室


c0237233_15370656.jpg

天気予報はこのあと、急速に下り坂...。
3人で雨だけは降らないでと祈りながら就寝。

(続く)

[PR]

by nudibranch2012_02 | 2015-10-01 16:39 | 山小屋日記